相続対策に強い2世帯住宅リフォーム・古民家リフォーム専門工事

ちょっと待って!

その
リフォーム
工事

害虫対策はお済みですか?

住宅という大切な財産を守りませんか

リフォーム中にできる害虫対策を行いませんか?

外来害虫も増えた現在、害虫の被害が発生してからでは、コストも掛かり、期待できる効果も望めません。そして、住宅寿命を極端に短縮させる害虫も少なくありません。人間で言えば、癌が転移する前に外科的治療を行えば、望む寿命も期待できるでしょう。ですが、そこには苦痛とコストが掛かります。癌が体内に発生しなにのがベストです。まさしく、木造住宅における害虫は、あなたの家族の生活さえ蝕む存在となり得るのです。リフォーム工事・新築工事時に害虫苦情行えば、少ないコストで高い住宅性能を維持し、住宅寿命を伸ばせます。

 
 
 二世帯住宅リフォーム

建物の寿命が伸び
住宅の快適さをいつまでも

害虫の被害で住宅寿命が縮まったり、害虫による被害のための改修工事など の例も少なくありません。

詳しくはこちらから

建築中だと
施工費用が軽減できる

床板を履いたり、床下の劣悪な作業環境での害虫駆除より、リフォーム工事・新築工事の肯定の隙間で効果のある害虫予防が可能です。

詳しくはこちらから

小さなお子様にも
安全な住環境が保てる

建物寿命を縮めるだけではなく、そこで暮らす人々の健康にも影響する害虫は、幸せな家庭には不要の産物です。

詳しくはこちらから

安らぎの空間が
保てる

リフォーム工事による構造上の変化に対する問題解決や更なる地震対策を同時に行う必要があります。

詳しくはこちらから

2世帯住宅リフォーム工事は、たとえ家族といえども価値観の異なる2つの世帯が同居する上で、 実際の工事のこと以外にも様々な問題点を一つずつ解決していく必要が有るということ、 そして、将来を見据えたプランをあらかじめ計画しておかなければいけないということなのです。 その点で、他のリフォーム工事とは全く異なるのです。

幸せ2世帯住宅リフォーム

多くの工事経験から、
2世帯住宅リフォーム成功の鍵をご提供いたします。

なぜ、防虫駆除が必要なのか?

深く考えず、安易なリフォーム工事を行ってしまうと、住みやすく・暮らしやすい2世帯住宅は建築できないというだけではなく、住んでいくうちに多くの問題を抱えることになってしまいます。
近い将来起こり得る様々な変化を予測して建築前に対策を講じなければ、数年後にまたリフォーム前の住宅のように不満が続出してしまいます。
大切なのは、多くの経験値から予測できる「本当に暮らしやすい2世帯住宅のリフォームの成功ルール」を守ったリフォーム工事を行うことです。ですから、上記に上げたすべての問題解決が可能な経験のあるナビゲーターが必要なのです。

 
 
 
 

木造住宅の最大のウイークポイントが「害虫」

私たちの願いがリフォーム工事を通じて地元長野の人々に貢献したい!」
「リフォーム工事の常識を変えたい!」
という思いからこの仕事をはじめました。

見かけだけの快適なリフォームでは、幸せな2世帯住宅リフォームに至りません。
時代や生活スタイルの変化を予測し、より快適で住みやすいリフォームを目指します。

2世帯住宅のリフォーム工事は、その工事の性質から実に簡単に考えられている点があります。
それは、「いま、あるものを改造する」というイメージがあるのかもしれません。しかし実際は、現状の調査から始まり、新築工事より多くの手間がかかります。
また、2世帯住宅リフォームの目的は、「2世帯の家族が幸せに暮らすこと」です。

そのための技術・それを成し遂げたいという思いがないと、本当の意味での幸せなリフォーム工事はできないと私は考えます。

 二

西村

「今は、何もないかもしれませんが?」

多くの工事経験から、意外と害虫で悩まされている家庭は多いです。

害虫苦情をしないとどうなるのか?

笑顔のある暮らし。お互いがお互いの生活を尊重しながら、家族の絆を育める2世帯住宅には、「成功の鍵」があります。
その「成功の鍵」を無視して、目の前にある”思い”だけでリフォーム工事を行うと「後悔」だけが残ります。
実際に、工事完了後70%近くの方々がリフォーム工事に不満を訴えているというデータも出ています。
私たちは、地元長野市周辺の方々にずっとこの先長く幸せに暮らせるよう2世帯住宅のノウハウを2世帯住宅リフォームコンサルタントとして、プロデュース(コーディネート)を行い、また、実際に工事をお受けしています。

2世帯リフォーム工事をお考えの方は、まず、私たちにご相談ください。

こんな害虫がいます

快適な居住空間を襲う侵入者たち

2世帯住宅には、おおよそ3つの種類があります。
まずこの3つのパターンにおける、あなたの家族に適した種類を現在・将来において考える必要があります。
そして、お互いの世帯の生活価値観のみを尊重したプランで、2世帯住宅リフォームを行ってしまうと別の新しい問題が発生してしまいます。

2世帯同居のパターンから計画が異なります。
以下の3つのパターンをご覧ください。

1.子世帯が現在住んでいる住宅を売却し、高齢化した親世帯が暮らす住宅に同居するための2世帯住宅リフォームを行う。
2.子育ての住まいへ、高齢化した親世代を引き取るための2世帯住宅リフォームを行う。
3.賃貸生活をしている子世代が、親の暮らす住宅に同居するために2世帯住宅リフォームを行う。

私共は通常の工務店・住宅会社では行わない重要な作業があると考えます。

 
 
 
 

完全分離型
2世帯住宅リフォーム

玄関が別々で2世帯が分離している2世帯住宅

部分共有型
2世帯住宅リフォーム

キッチンなどの共有部分を用いた2世帯住宅

同居型
2世帯住宅リフォーム

寝室・居間などが2世帯に分かれているだけの2世帯住宅

将来起こり得る問題の対策

多くの2世帯住宅が
抱えている問題とは?

親世代が亡くなると相続という問題が発生します。
2世帯の親世代部分のみ財産分与をしなくてはならないケースが発生したり、相続トラブルの原因になります。せっかく、親世代の面倒を見るために同居しても相続時には、2世帯住宅の分割がトラブルの火種になることもあるのです。
ですから、リフォーム工事前に相続対策を行う必要があります。
また、親世代の介護や子世代の子供の成長により、生活スタイルにも変化があり対応が必要になってきます。
起こるべき将来の問題を事前に予想して対応しておくことは、「幸せの2世帯住宅リフォーム工事には重要な要素となります」

 
 
 
 

家族は変化します。現在の状況だけでプランを作成するのはとても危険です。住んでいると「あっという間」に新しい問題が発生します。このように、2世帯住宅リフォームには通常の新築住宅や通常のリフォーム工事とは異なる難しさがあるのです。ですから、十分なプランづくりが重要だということです。

 二

介護プランには社会福祉主事任用資格者の参加による2世帯住宅リフォームプランづくりが必要です。

新築工事でよく活用される、長期優良住宅化がリフォーム工事にも適応されます。
リフォーム工事にもこの長期優良住宅化リフォーム推進事業に対応した工事を行い有利な資金で進めるべきです。
また、多くの贈与税対策や相続税対策など資金的に優遇される様々な施策があります。
そのほか、リフォーム工事の資金の支払いも配分などによって税法やローンでの資金面でも問題が発生します。

まずは資金面において、ファイナンシャルプランナーと資金面や公的な補助金等をひっくるめたプランづくりが必要になります。

リフォーム工事資金の分配、無理のない返済計画。お得な融資資金の利用アドバイス

 
 
 
 
 

贈与税・相続税などの税金対策を活用したプランニング

補助金など活用した2世帯住宅リフォームプラン

地震対策

「万が一」に備えた
2世帯住宅リフォーム工事を
熊本地震を教訓とした
地震対策とは?

  1. 大きな木造住宅をリフォームして2世帯住宅などに改修する場合で、確認申請が不要な場合は注意が必要で、リビングの壁や柱と取っ払ったり、玄関を広い吹抜けにするなど、住空間の快適性ばかり優先する改修によって、木造住宅の耐震性は著しく低下してしまいます。
    だからこそ、リフォームの際には耐震補強を検討することが必要です。
    倒壊した木造住宅の室内では、ガラス戸の破片や、剥落した壁が転がり、逃げる居住者の妨げとなり、結果として建物内での人的被害が大きくなる。

  2. 熊本地震では新築された住宅も倒壊被害に遭いました。
    新耐震基準で建てられた住宅が倒壊する一方で、耐震改修された建物が倒壊をまぬがれました。
    なぜ、そのような結果になったのか?解明が進む中で、新耐震基準を超えた耐震補強の方法が解ってきました。

  3. 地震で倒壊した建物に閉じ込められた場合、人が飲食せずに耐えられる限度は72時間とされていますが、古い木造住宅で崩れた土壁などから出た粒子が空気中に舞った場合、閉鎖空間で汚染された空気を吸い続ける事になれば生命を維持できる時間は当然短くなってしまいます。

  4. 現行の建築基準法は、最低限の基準であり西暦2000年以前の建物はその基準さえ満たしていません。
    地震の際に、基準を満たした建物が、基準を満たさない建物が倒壊してきたために共倒れしたという報告もあります。

  5. 「南海トラフ巨大地震等による東京の被害想定」によると、81年以前の旧耐震基準の建物では計測震度7.0で9割が倒壊すると予測されています。一方、西暦2000年の基準では計測震度7.0で全壊する割合は21%と予測されています。

生活の基盤である自宅、お気に入りのインテリアも大切ですが、地震対策も忘れてはいけません。家族の身の安全と財産を守るためにもしっかり自宅の地震対策をしましょう。

構造上の地震対策に加え、高齢化した家族の避難がしやすく、そして安全な2世帯住宅工事をおすすめします。

幸せ2世帯住宅リフォーム

お客様の声

古民家再生 姉と妹夫婦の2.5世帯同居

すきま風だらけだった家が、暖かい家に生まれ変わりました。茅葺屋根の古民家でも耐震補強も出来たので、この先、安心して暮らしていけそうです。

T.I様邸 中野市 50歳代

幸せ2世帯住宅リフォーム

お客様の声

耐震補助金工事 娘夫婦2世帯同居

増築せずに2階に娘夫婦のLDと寝室と洗面トイレを配置してもらえました。1Fの浴室を広いユニットバスに取替てもらい、孫と一緒に入るのが楽しみです。耐震補助金の申請も無料でやってもらえました。

K.I様邸 長野市 60歳

幸せ2世帯住宅リフォーム

お客様の声

亡き息子のお嫁さんとの2世帯同居

息子亡き後、離れに住んでいた義理の娘。孫の独立をきっかけに母屋に一緒に住めるようにリフォーム。水回りを全て新しくし、一番日当たりの良い部屋を娘さん用にリフォームしました。当然、耐震補強もお願いしました。

S.O様邸 中野市 40歳代

幸せ2世帯住宅リフォーム

お客様の声

娘夫婦・孫夫婦3世帯同居

母さんの住宅介護と耐震補助金での工事の予定で工事を始めたのですが、娘の妊娠が発覚し、急遽3世帯住宅リフォームに変更となりました。介護保険申請書類も耐震補助金の申請も、こちらでは何もやらずに全て無料でやってもらえて助かりました。

M.O様邸 飯綱町 50歳代

幸せ2世帯住宅リフォーム

お客様の声

娘夫婦3.5世帯同居+美容室

2階の大きな窓からの景色が自慢で、お客様を呼ぶのが楽しくなりました。仲良しの小学生の娘と息子の部屋は1つの部屋で、将来、2部屋に分ける様に設計してもらいました。しかも、キッチンの横を必ず通る位置なので、子供たちとの毎日の会話もしっかりできます。将来の美容室の改修にも対応できるように設計してもらい、正直、こんなに素敵になるとは思いませんでした。

K.K様邸 須坂市 30歳代

「害虫駆除」施工の流れ!

打合わせ
ダミーテキストです。ここにはテキストが入ります。ここにはテキストが入ります。ここにはテキストが入ります。
Thursday, August 29, 2020
Card #2
ダミーテキストです。ここにはテキストが入ります。ここにはテキストが入ります。ここにはテキストが入ります。
Thursday, August 29, 2020
Thursday, August 28, 2020
Card #3
ダミーテキストです。ここにはテキストが入ります。ここにはテキストが入ります。ここにはテキストが入ります。
Thursday, August 28, 2020
Thursday, August 27, 2020
Card #4
ダミーテキストです。ここにはテキストが入ります。ここにはテキストが入ります。ここにはテキストが入ります。
Thursday, August 27, 2020

成功する
2世帯住宅リフォームガイド

このページの内容をさらに詳しく、また様々な実例を紹介

成功する2世帯住宅リフォーム工事の前に決めておかなければならないガイドラインや
補助金・資金繰り・相続・介護などの資料を無料で差し上げます。

どうぞお気軽に、
お問合せ・無料相談ください
個人情報の取り扱いについて
入力頂いた個人情報については、当社のプライバシーポリシーに基づいて適切に取り扱います。
当社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください»
ご承諾いただき、送信ボタンを押してください。

ご返信メールに関しまして
お問合せに関しましては原則的に5営業日以内にご返信を差し上げております。 5営業日を経過しても、返信がない場合、お申込み手続きが完了していなかった可能性がありますので、お手数ですがお電話にて再度お問合せをお願いします。

お電話でのお問合せ

026-217-4178

営業時間:9:00〜17:00

〒380-0942 長野県長野市小柴見 304-2
TEL:026-217-4178 FAX:026-217-4750